フォントワークス × Monotype 公式note

フォントワークス株式会社とMonotypeの公式アカウントです。日常生活やクリエイティ…

フォントワークス × Monotype 公式note

フォントワークス株式会社とMonotypeの公式アカウントです。日常生活やクリエイティブ活動がもっと楽しくなるような、フォントにまつわる記事をお届けします。

リンク

マガジン

  • #書体デザイナー座談会

    フォントワークスで働く書体デザイナーに数名ずつ集まってもらい、今考えていることや取り組んでいることを、ざっくばらんに話してもらう書体デザイナー座談会です。

  • フォントのワザの魅せどころ!

    フォントワークス公式noteの連載企画「フォントのワザの魅せどころ!」ほか、私たちが目にする魅力的なデザイン事例から、フォントの使い方のコツや活用シーンを学べる記事をまとめました。

  • 今月の、フォント推し話!

    フォントワークス公式noteの連載企画。編集部のフォンテーヌさんが、さまざまな分野で活躍されているデザイナーのみなさんをお迎えして、フォントLOVEなお話を聞かせていただきます。

ストア

  • 商品の画像

    フォントワークス書体見本帖 & Yo One 書体見本帖 & 筑紫書体と藤田重信

    フォントワークス書体見本帖、Yo One 見本帖、そして2024年1月にPIE Internationalから発売されました書体デザインディレクター藤田重信の著書「筑紫書体と藤田重信」の3点セットです。 【フォントワークス書体見本帖】 2020年度版に引き続き、たくさんの反響をいただいたコデックス装(手で押さえなくても任意のページで開いたままにしておける製本様式)を採用しております。 またコデックス装にプラスし、今回は寒冷紗巻きも施し、タフさがアップ。これまで以上に、日常の制作現場で書体見本帳をお使いいただけます。 最新版では、書体見本帳の一部としてリソグラフ冊子も付属。2020年以降の書体をメインに、「すうじとことば」をテーマに制作しました。フォントがメディアに定着する様子をお楽しみください。 【Yo One 書体見本帖】 フォントワークスのデザイナーが手掛けた初のオリジナル欧文書体のリリースを記念し、Yo One 書体見本帖を作成しました。 この書体見本帖は、デザインや文書など、幅広く文字を扱う方にぜひお手に取っていただきたい一冊です。欧文書体 Yo One の書体見本はもちろんのこと、書体の特徴についても深く掘り下げて説明しています。また、フォントワークス書体の和文書体との混植提案やリソグラフ印刷のビジュアルページも掲載。 複数のフォントを紙面上で見比べながら、作りたいクリエイティブにふさわしい書体の選定や、これから作りたいクリエイティブのイメージ作りにお役立てください。 【筑紫書体と藤田重信】 革新的なフォントを生み出し続ける藤田重信の書体デザイン冒険記。 筑紫書体シリーズは、見出し書体から丸ゴシック体まで多彩なラインナップがあるフォントワークスを代表する書体です。金属活字の滲みを再現しながら新しさを取り入れ、独自の「懐かしさ」や「あたたかみ」を生み出しています。本書は各書体のコンセプトや特長を取材し、魔法のように新しい書体を生み出す藤田重信の制作の神髄に迫ります。 特典:本書でしか入手できない[筑紫B明朝NK(全4種)] 【商品内容】 ・フォントワークス書体見本帖 ・すうじとことば(リソグラフ冊子) ・Yo One 書体見本帖 ・オリジナルチャックケース ・筑紫書体と藤田重信(発行元 :PIE International) 【サイズ・ページ数】 ・フォントワークス書体見本帖【最新版】:B5/本文96P+別丁8丁 ・すうじとことば(リソグラフ冊子):A5/12P ・Yo One 書体見本帖:B5/本文 42P+ビジュアルページ(リソグラフ印刷) 8P ・オリジナルチャックケース:W325mm×H234mm ・筑紫書体と藤田重信:A5/280P(2C×248p、4C×32p) ※製品はご注文から1週間前後でのお届けとなります。 ※リソグラフ:スクリーン状の版に微細な孔(あな)を開け、そこからインクを用紙に押し出す印刷方式「孔版印刷」の原理を元にしたデジタル孔版印刷( リソグラフ は理想科学工業の登録商標です)
    8,000円
    fontworks
  • 商品の画像

    Yo One 書体見本帖

    フォントワークスのデザイナーが手掛けた初のオリジナル欧文書体のリリースを記念し、Yo One 書体見本帖を作成しました。 この書体見本帖は、デザインや文書など、幅広く文字を扱う方にぜひお手に取っていただきたい一冊です。欧文書体 Yo One の書体見本はもちろんのこと、書体の特徴についても深く掘り下げて説明しています。また、フォントワークス書体の和文書体との混植提案やリソグラフ印刷のビジュアルページも掲載。 複数のフォントを紙面上で見比べながら、作りたいクリエイティブにふさわしい書体の選定や、これから作りたいクリエイティブのイメージ作りにお役立てください。 ※リソグラフ:スクリーン状の版に微細な孔(あな)を開け、そこからインクを用紙に押し出す印刷方式「孔版印刷」の原理を元にしたデジタル孔版印刷( リソグラフ は理想科学工業の登録商標です) ■欧文書体 Yo One とは フォントワークス書体デザインディレクター ヨアヒム・ミュラー・ランセイが制作した欧文書体 Yo One は、欧文書体が持つさまざまなバリエーションを複数の軸で体系化したフォントシステムであり、156フォントを有するスーパーファミリーです。 欧文書体グループである、フォントワークス Yo One スーパーファミリーは、一つの字形から出発し、セリフの有無、コントランスの強弱など異なる特徴をもつ書体へ展開されていきます。統一されたルールで設計されたスーパーファミリーなので、セリフとサンセリフなど異なる特徴を持つフォントを組み合わせて使用しても調和を保つことができます。ブランディングなどで視覚的な統一性が必要なシーンにもおすすめの書体です。 年間定額制フォントサービス フォントワークス LETS、及び学生向けフォントワークス LETS にて、追加料金なくご利用いただけます。 【商品詳細】 Yo One 書体見本帖 B5/本文 42P+ビジュアルページ(リソグラフ印刷) 8P ※製品はご注文から1週間前後でのお届けとなります(土日を除く)
    2,500円
    fontworks

#書体デザイナー座談会

フォントワークスで働く書体デザイナーに数名ずつ集まってもらい、今考えていることや取り組んでいることを、ざっくばらんに話してもらう書体デザイナー座談会です。

くわしく見る

フォントワークス 書体デザイナー座談会[3]それぞれが目指す書体づくり〈後編〉:越智亜紀子 × 山村佳苗

フォントワークスの書体デザイナー、越智亜紀子さんと山村佳苗さんを迎えての座談会。制作中の書体について詳しく聞いた前編に続き、後編では2人が書体デザイナーとして就職するまでのエピソードを紹介していきます。 それぞれのあゆみ、そして書体デザインへの熱い思いを聞くことができました。 越智さんのあゆみ:一冊の本から、書体デザイナーという仕事を知る― ここからは、それぞれが書体デザイナーになるまでの話を聞いていきたいです。越智さんは、大学でグラフィックデザインの勉強をしていたんですか

スキ
43

フォントワークス 書体デザイナー座談会[3]それぞれが目指す書体づくり〈前編〉:越智亜紀子 × 山村佳苗

フォントワークスで書体制作に携わるデザイナーを紹介しながら、今考えていることや取り組んでいることをテーマに話を聞く書体デザイナー座談会。第3回のゲストは、人気デザイン書体「パルラムネ」や「パルレトロン」を生み出した越智亜紀子さんと、「ニューグレコ」の仮名をはじめとして筆書体の開発に取り組んでいる山村佳苗さんです。 普段から仲がいい同世代の2人に、開発中の書体と自分らしい書体づくりの背景について。そして後編では、書体デザイナーとして就職するまでのエピソードを聞いてみました。

スキ
56

フォントワークス 書体デザイナー座談会[2]築地復刻書体プロジェクトを聞く〈後編〉:森田隼矢 × くぼた あゆか × 中村勇弥

フォントワークスで書体制作に携わるデザイナーを紹介しながら、今考えていることや取り組んでいることをテーマに話を聞く書体デザイナー座談会の第2回。前編に引き続き、築地復刻書体プロジェクトについて森田隼矢さん、くぼた あゆかさん、中村勇弥さんとお話ししていきます。 後編では、制作中の「筑地(つくじ)二号明朝」のディテールや、リリースまでの道のりについて、たっぷり詳しくご紹介します。 ※開発中につき、デザインは掲載画像から変更の可能性があります。 「筑地二号明朝」のディテール

スキ
49

フォントワークス 書体デザイナー座談会[2]築地復刻書体プロジェクトを聞く〈前編〉:森田隼矢 × くぼた あゆか × 中村勇弥

フォントワークスで書体制作に携わるデザイナーを紹介しながら、今考えていることや取り組んでいることをテーマに話を聞く書体デザイナー座談会。第2回は、現在「築地復刻書体プロジェクト」を進めている森田隼矢さん、くぼた あゆかさん、中村勇弥さんの3名にお集まりいただきました。 東京築地活版製造所が鋳造した明朝体の二号活字を、「筑地(つくじ)二号明朝」として復刻するこのプロジェクト。これが一筋縄ではいかない、面白い書体のようで……? プロジェクトの概要から筑地二号明朝の魅力まで、前後編

スキ
62

フォントのワザの魅せどころ!

フォントワークス公式noteの連載企画「フォントのワザの魅せどころ!」ほか、私たちが目にする魅力的なデザイン事例から、フォントの使い方のコツや活用シーンを学べる記事をまとめました。

くわしく見る

小説『かがみの孤城』の装丁に見る、フォントのワザの魅せどころ!

魅力的なデザイン事例から、フォントの使い方のコツを学ぶ連載「フォントのワザの魅せどころ!」。今回は、辻村深月さんのベストセラー小説『かがみの孤城』の装丁とタイトルロゴを紹介します。 2017年の単行本(ハードカバー版)発売以降、文庫や児童文庫(キミノベル版)、コミカライズに舞台化、劇場アニメにもなり、子どもから大人までたくさんの人々に愛されてきた本作。その原点となった単行本のタイトルに使用されている書体は「筑紫Aオールド明朝」と「筑紫Cオールド明朝」です。 割れたガラス

スキ
55

書籍『気持ちを表すことばの辞典』のデザインに見る、フォントのワザの魅せどころ!

魅力的なデザイン事例から、フォントの使い方のコツを学ぶ連載「フォントのワザの魅せどころ!」。今回は、ナツメ社から出版されている『気持ちを表すことばの辞典』のタイトルと見出し語の文字を紹介します。 表紙のタイトルには「筑紫ANA丸ゴL」、そして本に登場するさまざまな“気持ち”を表す見出し語には「筑紫B丸ゴシック」。いずれも標準的な丸ゴシック体とは一線を画す、温かみのある丸みを持った味わい深い書体です。 どのような思いで本書が企画されたのか、それが書体のセレクトやデザインにどの

スキ
36

3Dアクションゲーム『Goonect』に見る、フォントのワザの魅せどころ!

魅力的なデザイン事例から、フォントの使い方のコツを学ぶ連載「フォントのワザの魅せどころ!」。今回は、バンダイナムコスタジオの新ゲームレーベル「GYAAR Studio」からリリースされた3Dアクションゲーム『Goonect(グーネクト)』を紹介します。 ゲーム内で主に使用されているフォントは「ユールカ」。子どもも大人も一緒に楽しめる、Goonectの世界観にマッチした書体です。ゲームの開発背景やUIデザイン、フォント選びのポイントについて、GYAAR Studioにお話をう

スキ
44

コミックス『ミステリと言う勿れ』タイトルロゴに見る、フォントのワザの魅せどころ!

魅力的なデザイン事例から、フォントの使い方のコツを学ぶ連載「フォントのワザの魅せどころ!」。今回紹介するのは、2022年1〜3月には菅田将暉さん主演でドラマ化もされた人気漫画『ミステリと言う勿れ』のタイトルロゴです。 ロゴのベースとなっているのは「筑紫アンティークLゴシック」。筆の動きを感じるプロポーションを生かしながら、ウェイトを絞ることでかすかな緊張感や繊細さが感じられるロゴに仕上がっています。実際にデザインされたベイブリッジ・スタジオの佐藤千恵さんに、フォント選びや制

スキ
105

今月の、フォント推し話!

フォントワークス公式noteの連載企画。編集部のフォンテーヌさんが、さまざまな分野で活躍されているデザイナーのみなさんをお迎えして、フォントLOVEなお話を聞かせていただきます。

くわしく見る

VRゲームのフォント選び 「DYSCHRONIA: Chronos Alternate」のフォントを、デザイナー 山中 慶さんと語る

こんにちは、フォントワークスnote編集部のフォンテーヌです。さまざまなデザイナーの皆さんと、フォントLOVEなお話をお届けする「今月の、フォント推し話!」 今回は「新たなシーンのフォント選びについて知りたい!」と、VRゲーム「DYSCHRONIA: Chronos Alternate」のデザインチームからデザイナーの山中 慶さんにお越しいただきました。 ヘッドマウントディスプレイを装着してプレイするVRゲーム。操作メニューやキャラクターとの会話が視界に浮かび上がるような体

スキ
69

ブックデザイナー 鈴木久美さんと語る、「つばめ」と装丁のお仕事

フォントワークスnote編集部のフォンテーヌです。さまざまなデザイナーのみなさんと、フォントLOVEなお話をお届けする「今月の、フォント推し話!」。今年最後の第4回はブックデザイナーの鈴木久美さんをお迎えしました。 文芸書をメインに、数多くの書籍を手がけておられる鈴木さん。筑紫書体などもたくさん使ってくださっていますが、今回は「つばめ」を用いられた装丁に注目。装丁への取り組み方、文字との関わり方についてもお話をうかがいながら、つばめの特徴や魅力をおうかがいしました。 着飾

スキ
56

書体デザイナー 越智亜紀子さんが見つけた、素敵な「パルラムネ」&「パルレトロン」の事例を紹介!

フォントワークスnote編集部のフォンテーヌです。さまざまなデザイナーのみなさんと、フォントLOVEなお話をお届けする「今月の、フォント推し話!」。第3回は少し趣向を変えて、弊社の書体デザイナー、越智亜紀子さんをゲストにお招きしました。 越智さんは、人気デザイン書体「パルラムネ」や「パルレトロン」の生みの親。やっぱり自分が作った書体が使われているのを見かけると、「おっ」と目を向けてしまうそうです。そこで今回は、越智さんが見かけて印象に残ったデザイン事例を挙げていただきながら

スキ
47

歌詞を映像で表現! リリック演出推しフォントをグラフィックデザイナー 玉野ハヅキさんと語る

フォントワークスnote編集部のフォンテーヌです。今日もさまざまな分野で活躍されているデザイナーのみなさんをお迎えして、フォントLOVEなお話を聞かせていただく連載「今月の、フォント推し話!」をお届けします。 日々フォントに注目しているなかで、最近気になっているのが「リリックビデオ」。歌詞を伝えるだけじゃなくて、映像演出のなかで文字がすごく重要な役割を担っているなと感じることが増えてきました。 そこで第2回のゲストにお招きしたのは、アイドルやVTuberのロゴデザイン、ミ

スキ
72