Fontworks | フォントワークス公式note

フォントワークス株式会社の公式アカウントです。日常生活やクリエイティブ活動がもっと楽し…

Fontworks | フォントワークス公式note

フォントワークス株式会社の公式アカウントです。日常生活やクリエイティブ活動がもっと楽しくなるような、フォントにまつわる記事をお届けします。

リンク

マガジン

  • #書体デザイナー座談会

    フォントワークスで働く書体デザイナーに数名ずつ集まってもらい、今考えていることや取り組んでいることを、ざっくばらんに話してもらう書体デザイナー座談会です。

  • フォントのワザの魅せどころ!

    フォントワークス公式noteの連載企画「フォントのワザの魅せどころ!」ほか、私たちが目にする魅力的なデザイン事例から、フォントの使い方のコツや活用シーンを学べる記事をまとめました。

  • 今月の、フォント推し話!

    フォントワークス公式noteの連載企画。編集部のフォンテーヌさんが、さまざまな分野で活躍されているデザイナーのみなさんをお迎えして、フォントLOVEなお話を聞かせていただきます。

ストア

  • 商品の画像

    フォントワークス書体見本帖

    最新版のフォントワークス書体見本帖が完成しました。 2020年度版に引き続き、たくさんの反響をいただいたコデックス装(手で押さえなくても任意のページで開いたままにしておける製本様式)を採用しております。 またコデックス装にプラスし、今回は寒冷紗巻きも施し、タフさがアップ。これまで以上に、日常の制作現場で書体見本帳をお使いいただけます。 最新版では、書体見本帳の一部としてリソグラフ冊子も付属。 2020年以降の新書体をメインに、「すうじとことば」をテーマに制作しました。フォントがメディアに定着する様子をお楽しみください。 ※リソグラフ:スクリーン状の版に微細な孔(あな)を開け、そこからインクを用紙に押し出す印刷方式「孔版印刷」の原理を元にしたデジタル孔版印刷 (RISOGRAPHは理想科学工業の登録商標です) 【商品内容】 ・フォントワークス書体見本帖 ・すうじとことば(リソグラフ冊子) ・オリジナルチャックケース ★先着100名様限定!筑紫AMゴシックステッカーもプレゼント! →ご好評につき、ステッカーの配布は終了とさせていただきました。(2022年11月追記) 【サイズ・ページ数】 ・フォントワークス書体見本帖【最新版】:B5/本文96P+別丁8丁 ・すうじとことば(リソグラフ冊子):A5/12P ・オリジナルチャックケース:W325mm×H234mm ※製品はご注文から1週間前後でのお届けとなります。 ※2022年12月23日(金)以降のご注文は、年明け2023年1月6日(金)以降のご発送となります。お時間を要してしまい申し訳ございませんが、ご理解いただけますよう何卒宜しくお願い致します。
    3,300円
    fontworks
  • 商品の画像

    2022年度フォントワークス卓上カレンダー(書体見本帖の特典付き)

    今注目を集める新進気鋭のアートディレクター モリケント氏(MORYARTI Inc.)をディレクターに迎え、フォントワークスの人気書体を抜粋し、書体そのものを身近に感じてもらえるデザイン性の高いカレンダーが完成いたしました。 カレンダーの裏面はシンプルな3か月分のカレンダーになっています。 カレンダー機能はもちろんのこと、書体見本帖にもなる仕様になっています。 2022年リリース予定の新書体「筑紫AMゴシック」と、カレンダー内のアルファベットは、開発中の欧文書体を使用し、いち早く新書体をご覧いただけます。 また、カレンダーをご購入いただいた方皆さまに「昭和書体見本帖」もお付けいたします。 【2022年度 フォントワークス卓上カレンダー】 使用書体 本体: オリジナル欧文書体(2022年春頃リリース予定) 1月: 筑紫アンティークL明朝 2月: 筑紫Cヴィンテージ明朝 3月: 筑紫明朝 4月: ライラ 5月: カッコウ 6月: フォントワークス書体の見分け方 7月: 筑紫AMゴシック(2022年3月リリース予定) 8月: パルラムネ 9月: てんとう虫  10月: ニューグレコ 11月: 筑紫ゴシック 12月: パルレトロン ※製品はご注文から1週間前後でのお届けとなります。 ※商品サイズ カレンダー本体:W210×H142.5
    770円
    fontworks

記事一覧

ゼロから学ぶ「フォントのしくみ」①:言語とスクリプトの関係/繁体字・簡体字・日本の漢字(かんじ)

—— フォントを正確に理解するためには『文字』『デザイン』『ソフトウェア』の3方向から理解する必要がある —— これはフォントワークスで20年以上、フォントやソフト…

グラフィックデザイナー 坂野公一さんと、「こわい本」のフォントを語ろう

こんにちは、フォントワークスnote編集部のフォンテーヌです。 さまざまなデザイナーの皆さんと、フォントLOVEなお話をお届けする「今月の、フォント推し話!」。今回は、…

「mojimo」+「mojimo-plus」でお得に好きなフォントを使おう!

「イメージに合うフォント探しの旅に出て、結局みつからなかった」 そんな経験はございませんか? フォント選びをこだわりだすと、なかなか思ったフォントがみつからず困っ…

ゼロから学ぶ「フォントのしくみ」①:言語とスクリプトの関係/繁体字・簡体字・日本の漢字(かんじ)

ゼロから学ぶ「フォントのしくみ」①:言語とスクリプトの関係/繁体字・簡体字・日本の漢字(かんじ)

—— フォントを正確に理解するためには『文字』『デザイン』『ソフトウェア』の3方向から理解する必要がある ——

これはフォントワークスで20年以上、フォントやソフトウェアの開発に関わってきたエキスパート、通称「ぬし」が新入社員の勉強会で最初に伝える言葉です。
フォントを開発・提供するメーカーである私たちは、デザインされた形をパッケージするだけでなく、文字の役割や機能を理解し、使いやすく美しい文字

もっとみる
グラフィックデザイナー 坂野公一さんと、「こわい本」のフォントを語ろう

グラフィックデザイナー 坂野公一さんと、「こわい本」のフォントを語ろう

こんにちは、フォントワークスnote編集部のフォンテーヌです。

さまざまなデザイナーの皆さんと、フォントLOVEなお話をお届けする「今月の、フォント推し話!」。今回は、ゲストに書籍の装丁やエディトリアルデザインを中心に活動するデザインオフィス、welle design代表の坂野公一さんをお招きして、「こわいフォント」をテーマにお話を聞いていきます。

きっかけは、社内でホラーやミステリーなど「こ

もっとみる
「mojimo」+「mojimo-plus」でお得に好きなフォントを使おう!

「mojimo」+「mojimo-plus」でお得に好きなフォントを使おう!

「イメージに合うフォント探しの旅に出て、結局みつからなかった」
そんな経験はございませんか?
フォント選びをこだわりだすと、なかなか思ったフォントがみつからず困ってしまいますよね。

「使いたい時だけ、好きなフォントを手軽に使いたい」
「フォントを使いたいけど、どれを選べばいいか分からない!」
そんな時におすすめしたい定額制フォントサービス「mojimo(モジモ)」。

これまでフォントは、「プロ

もっとみる